2018年2月8日 メイ首相主催ビジネス・ラウンドテーブルの開催

  • 本欄に画像を表示
  • 本欄に画像を表示

2018年2月8日 メイ首相主催ビジネス・ラウンドテーブルの開催

2月8日、英首相官邸において、メイ首相の主催により、日系企業を対象としたビジネス・ラウンドテーブルが開催され、ハモンド財務大臣、フォックス国際貿易大臣、クラーク・ビジネス・エネルギー・産業戦略大臣が出席したほか、在英日系企業18社(自動車、金融、医薬品、商社、IT等)及び在英日本商工会議所の代表者並びに鶴岡大使が出席しました。

本ラウンドテーブルは、昨年8月のメイ首相訪日の際に、安倍総理から英国のEU離脱に関する日系企業への配慮及び日系企業との対話を要望したことを受けて開催されたものです。

会議の中で、メイ首相からは、EU離脱に当たって、EUとの新たな深く特別な関係を確保するとの英国のコミットメントについて改めて確認があったほか、EUとの離脱交渉の過程ではビジネス界との建設的な対話を維持する旨約束がなされました。また、日系企業の代表からは、英国政府との対話の機会を歓迎するとともに、移行期間によって確実性が与えられることが重要である点に同意がありました。さらに、移行期間後のEUとの貿易においては、可能な限り関税がなく障壁のない関係を確保すべく、交渉を前に進めることの重要性が確認されました。

このほか、ハモンド大臣、フォックス大臣、クラーク大臣からは、それぞれ英国のEU離脱、将来のあり得べき日英貿易関係、英国の産業戦略について説明があり、参加した日系企業との間で、英国のEU離脱を踏まえた良好なビジネス環境の確保について議論が行われました。