英国から日本へ入国後の検疫措置について

2020/12/25

新型コロナウイルスの感染拡大の影響から、2020年4月3日以降に英国から日本へ入国される方(日本国籍者も含みます)には、厚生労働省により概要以下の水際対策強化のための新たな措置が執られていますので、ご注意ください。



  1. 検疫の強化
    (1)空港の検疫所において、質問票(滞在先、移動手段、入国便名、電話番号等)の記入、体温の測定、症状の確認などが求められます。全員にPCR検査が実施され、空港内のスペース又は検疫所長が指定した施設等で、結果が判明するまでの間待機することとなります。
    (2)入国時の検査結果が陽性の場合、医療機関に隔離(入院)されます。
    (3)2020年12月26日以降、入国時の検査結果が陰性の場合であっても検疫所が確保する宿泊施設にて待機し、入国後3日目に改めて検査を行い、陰性と判断された場合は、検疫所が確保する宿泊施設を退所し、入国後14日間の自宅等での待機を求めます。
    (4)上記の検査等は、検疫法に基づき実施するものであり、検疫官の指示にしたがわない場合には、罰則の対象となる場合があります。

  2. 英国からの帰国における新たな検疫措置
    (1)2020年12月27日以降、英国から帰国する日本人については、英国の出国前72時間以内の検査証明書の提出が求められます。帰国時に検査証明を提出できない帰国者につきましては、検疫所が確保する宿泊施設において14日間待機することが要請されます。また,2020年12月24日以降、帰国時に位置情報の保存等(接触確認アプリのダウンロード及び位置情報の記録)についての誓約が求められます。
    (2)2020年12月27日以降に英国から帰国する日本人が、本邦帰国時に検疫所が指定する宿泊施設での14日間の待機の適用外となるには,英国の出国前72時間以内に検査を受けて取得したフォーマット(https://www.uk.emb-japan.go.jp/files/100130674.pdf)による証明書が必要となります。出国前72時間とは,検体採取時刻が搭乗予定航空便の出発時刻から遡って72時間以内であることを指します。
    (3)上記(2)のフォーマットによる検査証明書の入手が困難な場合は,次の事項が含まれるフォーマットである必要があります。
    ○人定事項(氏名、パスポート番号、国籍、生年月日、性別)
    ○COVID-19の検査証明内容(検査手法(所定のフォーマットに記載されている採取検体、検査法に限る)、検査結果、検体採取日時、検査結果決定年月日、検査証明交付年月日)
    ○医療機関等の情報(医療機関名(又は医師名)、医療機関住所、医療機関印影(又は医師の署名))の全項目が英語で記載されたものに限る)

  3. 注意すべき点
    (1)症状がないこと、公共交通機関(鉄道、バス、タクシー、国内線の航空機等)を使用せずに移動できることが条件となるため、事前にご家族やお勤めの会社等による送迎、ご自身でレンタカーを手配するなどの移動手段を確保する必要があります。
    (2)詳しくは、厚生労働省ホームページ、「水際対策の抜本的強化について(新型コロナウイルス感染症)https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00098.html」をご覧ください。