英国安全対策情報 (2020年7月~9月期)

2020/10/30

1.一般犯罪における日本人の被害状況(2020年7月~9月に当館で認知したもの)

被害総計 15件
  • 窃盗    8件
  • 詐欺     6件
  • その他  1件

上記事案の具体的内容は以下のとおりです。
(1)スリ
  • ピカデリーサーカス駅付近の路上でからまれ,鞄の中から旅券を盗まれた。
  • バンク駅付近で,リュックサックに入れていた旅券を盗まれた。
(2)車上狙い
  • トウィッケナム(ロンドン南西部)の路上に駐車していた車の窓ガラスを割られ,旅券の入った鞄を盗まれた。
  • ケンジントンの路上に駐車していた車の窓ガラスが割られ,旅券の入った鞄を盗まれた。
(3) 詐欺
  • 英国着で商品を発送したが,発送先企業が架空の企業であったことが判明した。代金は後払いのため,代金の回収ができずに困っている。
  • 銀行員を名乗る人物より,遺産相続人に指定されたという連絡を受け,遺産を送金する手続きの手数料として300ポンドを支払った。その後,さらに遺産に対する税金の請求が来たところで詐欺だと気が付いた。
  • 歩行中に,車に乗った自称イタリア人デザイナーに道を尋ねられ,「ロンドンのファッションショーを終えてイタリアに帰国するが,服が余っているのでさしあげたい。また,昨日カジノで負けてお金がないので貸してもらいたい」と言われ,2200ポンドを自身の口座から引き出して手交した。その後,右イタリア人の連絡先に連絡してもつながらないため,詐欺にあったことに気が付いた。

2.テロ関連

(1)英国に対するテロの脅威度
英国政府が定めた英国内におけるテロの脅威度は,5段階の上から3番目の「Substantial(相当)」となっています。

(2)北アイルランド関連テロの脅威度
北アイルランドにおける北アイルランド関連テロの脅威度は,5段階の上から2番目の「Severe(深刻)」となっています。

(3)日本人・日本権益に対する脅威
日本人及び日本権益に対するテロ事件は発生していません。

3.邦人安全対策のためにとられている具体的措置

〇当館ホームページ及び領事メールによる情報提供

  • 新型コロナウイルス関連情報(1月31日以降,7月~9月期も継続)
  • 犠牲祭(イスラム教の祝日)期間に伴う注意喚起  (7月 22日)
  • イスラム教シーア派の宗教行事「アーシューラー」に伴う注意喚起  (8月 21日)
  • イスラム教シーア派の宗教行事「アルバイーン」に伴う注意喚起  (9月 28日)

【過去の情報】
2020年
1月~3月期
4月~6月期