英国安全対策情報 (2020年4月~6月期)

2020/8/15

1.一般犯罪における日本人の被害状況(2020年4月~6月に当館で認知したもの)

被害総計 11件

  • 窃盗    1件
  • 詐欺     8件
  • その他   2件


上記事案の具体的内容は以下のとおりです。

(1)侵入盗
  • 深夜睡眠中に,何者かが自宅に侵入し,階段下の金庫にしまってあった旅券や貴重品を盗まれた。

(2) 詐欺
  • 銀行員を名乗る男から「カードが不正使用されているので停止する必要がある」との電話があり,指示されるとおりにカードの暗証番号を伝えた。後刻,500ポンドが口座から引き出されていた。
  • 日本の本社代表取締役のメールアドレスより,子会社である当地日系企業に対し,「極秘の買収案件について,子会社である現地企業より指定口座に対して振り込みをしてもらいたい」という指示が入った。右企業が,本社担当に確認したいと返信したところ,「極秘案件につき,本社の誰とも連絡をとってはいけない」と言われたため,詐欺だと気付いた。
  • ソーシャルネットワークで知り合った婚約者に対して,右婚約者の荷物を日本で引き取ることを約束した。しばらくして,国連名義で引き取り手数料を支払うよう請求が届いたため,約45万円を指定口座に振り込んだ。しかし,荷物は配達されない上,新たに国連名義より支払い請求が届いたため,詐欺だと気付いた。
  • オンラインサイトでバイクを購入し,その支払いをしたが,商品が送られてこず,売り主とも音信不通となった。

(3)嫌がらせ
  • ラッセルスクエアの公園で,見知らぬ男から唾を吐きかけられた。

2.テロ関連

(1)英国に対するテロの脅威度
英国政府が定めた英国内におけるテロの脅威度は,5段階の上から3番目の「Substantial (相当)」となっています。

(2)北アイルランド関連テロの脅威度
北アイルランドにおける北アイルランド関連テロの脅威度は,5段階の上から2番目の「Severe(深刻)」となっています。

(3)日本人・日本権益に対する脅威
日本人及び日本権益に対するテロ事件は発生していません。

3.邦人安全対策のためにとられている具体的措置

〇当館ホームページ及び領事メールによる情報提供

  • 新型コロナウイルス関連情報(1月31日以降,4月~6月期も継続)
  • ラマダン月に伴う注意喚起  (4月 17日)
  • 「米国における黒人男性の死亡事件」に対する抗議活動についての注意喚起 (6月 2日,13日)
 

【過去の情報】
2019年
  4月~6月期
  7月~9月期
  10月~12月期
2020年
  1月~3月期