注意喚起(アクトン地区におけるスリ被害)

2022/9/29
● 最近、アクトン地区において、複数人グループによる日本人へのスリ被害(未遂含む)が複数当館に報告されています。
● アクトン地区には多くの日本人の方が居住していることから、特に日本人学校付近、ウエストアクトン駅周辺等で日本人がターゲットになっている可能性も考えられます。
● 英国の治安は比較的良好のイメージがある中、犯罪件数は日本と比較して、約9倍(2020年)と非常に高い水準ですので、当館作成の「安全の手引き」も参考に、改めて身の周りの安全対策に努めるようお願いいたします。
 
在留邦人の方から、日本人の方が多く居住しているアクトン地区において、未遂を含むスリ被害が複数発生していると当館に報告されています。具体的な犯行の手口は、3名のグループのうち2名が気をそらした隙に、もう1名がカバンやポケットから窃盗を行おうとする事案です。犯行は、日本人学校への送迎経路、住宅街の道路、ウエストアクトン駅周辺で発生しているようですので、付近を移動される際には特に気をつけるようにしてください。
 
また、犯行グループが駐車中の車両を撮影しているとの報告もあるため、車上荒らしの危険性にも注意が必要です。路上駐車は当然ですが、自宅敷地内の駐車であっても、スマートフォンや鞄といった貴重品を車内に放置しない、車外から見えるところに荷物を置かない等の防犯対策をお取りください。
 
万が一、不幸にも犯罪に巻き込まれてしまった場合には、ご本人及びご家族の人命を最優先に考えて行動してください。そして、警察へ速やかに報告し、当館への情報提供もお願いいたします。
https://www.met.police.uk/ro/report/ocr/af/how-to-report-a-crime/
 
なお、このような犯罪は一部地区に限定したものではありませんので、この機会に、当館が作成している「安全の手引き」を参考に改めて安全対策を見直されるようお願いいたします。
https://www.uk.emb-japan.go.jp/files/100016937.pdf